無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
南魚沼ロード DNF
残り一周で、脚きり。
心も体も弱かった。
なんだかな〜。

ー 登り速めだが、サラ脚なので対応できる
   登った後の平坦も速くてきつい

◆‥个蠡い 中腹くらいで肺がきつくて千切れる
  30~40人のメイン集団が先行
  平地で巨大グルペット形成

 グルペットで。
     序盤のハイペースのダメージで余裕なし。

ぁ.哀襯撻奪箸世登り速い。
  わりと回復。
  下りで、ペースの落ち着いたメイン集団に追いつく。

ァ,修里泙泪瓮ぅ鷭乎弔如
  ペースはほどほど

Α‥个蠅巴戮譴燭、
  牽きの強い選手達が一緒だったので、半周ほどで集団に追いつく。
  脚が攣り始める。

А‥个蠍で即切れ。
  平地はイナーメの選手と二人で、ほとんど牽いてもらう。
  脚が攣るので、遅いが、この辺から補給を貰いまくる。

─‥个辰独昭したところで、最終便となるグルペットに追いつかれる。
  脚のあらゆる筋肉が攣る。 
  登りは、鷲掴みしたり、他の筋肉を使ったり、なんとかごまかせるが、
  下りのコーナリング中に来るのが、イカン。

 グルペットで登りクリア。
  平地のどうでも良いところで、脚が固まり、独り千切れる。
  いわゆる、やってしまったパターン。

 残り一周を残して、登り切ったところで脚きり。
| k | レース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ghisallo.jugem.jp/trackback/563