無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ジャパンカップオープン 26位
レースプランはざっくり、
駄目なときは、いつも二周目の登りで千切れるので、
そこまで集中して凌いで、終盤の登りでの動きに乗ること。

脚は軽く、三回目の登りまでは、多少の余裕を残しつつ、
集団でこなすことができた。
めずらしくダンシングを効果的に使えた。

三周目の平坦区間でアタック合戦的な動きがあり、
遅れないように反応してたら結構疲れた。
この辺で、序盤からの逃げが吸収されてたようだ。

その影響もあって4周目の登りは苦しめだったが、
下った後の平坦で無事に復帰。

残り二周で、
そろそろ決定的な動きがでてきそうな頃合い。

4周目最後の鶴の登りで、
EQAの選手ともう一人が抜け出したので、
少し迷ったが、
例のごとく着いていくだけのレースしてもつまらんので、
追って抜け出してみる。
一緒に行ったもう一人の選手が、前二人から少し間を開けてしまったので、
頂上までに追いつけず、前二名先行。
下ってホームストレートを通過すると
後ろについてるのは山形大リョウマ君とメンズクラブのカンノ選手の二人で、
集団は結構離れたようだ。
三人で、コガシ登り口まで回していき、
登り始め、前二名を捕まえかけたところで、自分だけ遅れてしまう。

集団からは、まだ離れているようなので、
タレなければ集団には残れると思い単独ペースで登る。
頂上まで300mのところで、数名に絞れたような集団先頭に追いつかる。
当然、メンズのサイタ君もロヂャースのアオキ君もここにいる。
気合で踏みなおして、ケツについて下りに入る。
下りきって先行4名も吸収し、
十名程度の先頭グループにうまいこと潜り込めたかと思ったが、
その後、緩んで、例のごとく後ろからの合流で集団はどんどん膨らむ。

平坦で集団は大きく緩んで、その間にパラパラと4人くらいが抜け出していった。

集団で脚の回復に努め、
勝負所の最後の鶴〜コガシに入る。

鶴の登りで、
リョウマ君が単独抜け出す。
他の選手は動かなそう。
脚の残り具合からも行かない方が賢明だったろうが、
なにしろリョウマ君だったので、昔の癖で思わず飛びつくw

二人でホームストレートを通過し、
コガシの登りに差し掛かる直前で、ペースのあがった集団が脇をかっ飛んでいった。
そこからは黄金のタレで、遅れた三名で回してゴールまで。
26位。

まあ、レースを楽しめた20代最後の日だった。
| k | レース | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
南魚沼ロード DNF
残り一周で、脚きり。
心も体も弱かった。
なんだかな〜。

ー 登り速めだが、サラ脚なので対応できる
   登った後の平坦も速くてきつい

◆‥个蠡い 中腹くらいで肺がきつくて千切れる
  30~40人のメイン集団が先行
  平地で巨大グルペット形成

 グルペットで。
     序盤のハイペースのダメージで余裕なし。

ぁ.哀襯撻奪箸世登り速い。
  わりと回復。
  下りで、ペースの落ち着いたメイン集団に追いつく。

ァ,修里泙泪瓮ぅ鷭乎弔如
  ペースはほどほど

Α‥个蠅巴戮譴燭、
  牽きの強い選手達が一緒だったので、半周ほどで集団に追いつく。
  脚が攣り始める。

А‥个蠍で即切れ。
  平地はイナーメの選手と二人で、ほとんど牽いてもらう。
  脚が攣るので、遅いが、この辺から補給を貰いまくる。

─‥个辰独昭したところで、最終便となるグルペットに追いつかれる。
  脚のあらゆる筋肉が攣る。 
  登りは、鷲掴みしたり、他の筋肉を使ったり、なんとかごまかせるが、
  下りのコーナリング中に来るのが、イカン。

 グルペットで登りクリア。
  平地のどうでも良いところで、脚が固まり、独り千切れる。
  いわゆる、やってしまったパターン。

 残り一周を残して、登り切ったところで脚きり。
| k | レース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
石川ロードDNF
二週前の修善寺直後はコンディション最悪で非常に不安だったが、

上手く調整することができて(自画自賛)、

前日の試走では、身体の動きは好感触◎

ペダルに胴体を乗せる感覚が戻ってきた。

週末の乗り込みで身体の連動を重視したのと、

さぼりがちだった、脚上げ腹筋と、尻筋のストレッチと、パワーブリーズ。

この辺は、レース有無に関わらず継続してやったほうが良さそう。


当日のレース、

やはり身体は良く動き、

序盤から最後までハイペースが、ひたすら続く展開だったが、

序盤は比較的、集団前の方で走ることができた。

やはり、前で走れるならば、その方が結局、身体的にも精神的にも楽だと思う。

中盤、人数が40人くらいに減ってからは、

あまり余裕がなくなってきて、集団の最後尾付近を走ることが増える。

何度か千切れかけそうにもなった。

脚とか肺とか、どこが辛いというわけではないのだが、

脚を止められる下り以外の区間は、常に踏み続ける状況で余裕がなく、

集中力が切れたら、いつ千切れてもおかしくない状況が続く。

残り3周目の裏の登り返し(いつも千切れる場所)で、

途端に力が入らなくなり千切れた。

そこから一周半走り、残り一周半を残して足きり。

今年もまた、完走選手のゴールを見る側の立場になってしまった。。


振り返りとして、

今回の強度では、二時間しか持たず、三時間のゴールまで持たなかった。

まず、コーナーの立ち上がり加速が、あまりにも弱いのと、

勾配の緩い登りや、登り返しのスピードに乗る区間で余裕がないので休めない。
(逆に脚が残っている状態での、急勾配区間では余裕を感じる)

要するに絶対パワーの上限値が低い。

ここらへんを、8月末のみやだクリテを目標に改良したい。


それともう一つ足りないのは、時間と繰り返しに対する耐久性。

こっちに関しては、練習で乗り込むかどうかだけの問題で、
今年の前半戦は、分かりつつも取り組まなかったが、
本来得意なジャンルだし、やれば身体が順応できるはず。

9月末の広島は長距離になると思うので、やる。


今年の秋は収穫する。


と、久々に真面目に書いた。。
| k | レース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東日本ロード修善寺DNF
シマノの青クリートは、動角度は良いが、はまりにくい気がする。

それはそれとしてレースは、
スタートから、昨年を思い起こすようなハイペースだった。

昨年の方が速かった気もするが、
昨年は一周でいったんスローダウンしたが、

今年はこれが3周以上続いたらしい。

二周目で千切れた。

その後、数周走ってDNF。

タラレバもヘチマもない、
ただ踏む力、踏み続ける力が足りない。

それだけ、
それだけに厳しい。

ブレずに地道に、できることを積み重ねるしかない。

千切れたレースの方が、距離時間は短いが、
走りきったレースより、
リミッターを超えて走り続けただけに、ダメージはでかい。

精神的ダメージもあるw

翌日まで頭痛が続いた。
| k | レース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西日本広島ロード
42位でした。

一周目の下りで集団が分断されてしまい、

後ろへ残される。

後ろにはBSがチームで残されていたので、

BS先頭固定でペースメイクされる。

7周目くらいに脚が重くなり始たタイミングで、

ペースが上がり始め、

三段坂で中切れを埋めきれず、千切れる。
走っている位置も悪い。

その後は、仕事を終えたBSのイノウエ選手が、

練習かのように、前に出るなオーラを出しながら、

一本引きするのに、アマチュア数名がツキイチの構図。

プロの体力はすごい。

そのまま最後まで行き、ホームストレートで、

強敵(とも)であるロヂャースのAO木プロが行ったので、

ならば行かねばと、

三戦連続ゴール勝負になる、スプリントごっこw

一回まくったが、踏み切れずゴール前で腰を下ろしてしまい、

差し返されるズブズブのグダグダorz

もっと前で勝負できるようになりたいね。


ハイパワー持続の必要な苦手な広島コースで、

少しは、走れるようになってきたと思う。


そろそろガッツリのインターバルで調子ピークに持って行って、

次の修善寺では、前の方を走りたい。
| k | レース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
富士あざみHC
49:16  P 32位

序盤は脚が良く回った。

なぜか栂池は脚が重く、富士山は軽いのが定番。
(だからといって結果に繋がるわけでもない)

ただ序盤の10%区間で早くもローギア34*25に、

入りっぱなしだったので先行き不安。。

中間付近の馬返しまでは当社比で快調で、

25番前後を走っていたが、

脚が軽くて快調ということは、ややキャパオーバーだったらしく、

激坂区間は、かなりタレぎみで、

結構抜かされた。

ラスト2kmくらいで、

自走AO木プロに追い抜かれてしまい、

粘ろうとはしてみるものの、ボルテージを上げきれず、

敗戦 orz


このコースは、

フィジカル以外の部分でもまだ30〜60秒くらいは、

詰める要素がありそうで、突き詰めれば楽しいのかもね。

ペース配分、ギア選択、集中力。。


来週からはロードレースなので、

肉喰ってパワーをつける。
| k | レース | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
栂池HC
55分38秒 33位

スタートでクリートはめにてこずって、

脚もやや重く、集団からは即切れ。

回りには、もう一人しかいなかったが、

二人で良いリズムで登れて、

つづらに入る前で千切れ集団をキャッチ。

中間地点くらいから腹回りが機能しだして、

プチ向こう側状態に入り、

単独ペースでかつてなくタレずに前の選手達をパス。

終盤はエルドラードや元エルドラードが周囲にたくさんいて楽しめたw

結果、ようやく2009年のタイムを10秒だけだが

上回れた。

ペース配分と機材の進歩が大きいがねw


さて来週も恒例の富士あざみHC。

栂池よりも相対的に得意だと思うし、

出走メンバーも薄いので、

高ポイントの25位以内いける気がするっ。
| k | レース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木祖村2days
土曜朝練の桜台レーシングチームで参加。
ありがとうございました!

stage 1a ITT  13:16  63位/88名
やはり遅かった個人T.T  
(装備:トレック DHバー ボーラワン ジャージ少し緩い)

stage1b  81kmRR 10位
TTが遅かったせいで後方からのスタートとなり、
中切れを処理しているうちに、決定的な逃げが決まる。
抑えがきいてグルペット化したメイン集団でチョロチョロ動く。。
ラス一周の登りで抜け出した学生三人にギリギリでついて行ったが、
下った裏の橋のあとの登り返しで千切られた。
この人たち速いと思ったら、翌日の一位と二位になる選手だった。
チームキャプテンでるたさんの牽く集団に吸収され、
最後、一分強の丘クライムもがいて集団二番でゴール。

stage2  126kmRR 16位
登りで決まりかけた逃げを追うも、
位置取り悪く頂上で独り宙ぶらりん。
グルペット化した集団に戻る。
終盤は、でるたさんのオーバー40ジャージ奪取を狙って、
山岳アシストプレー。実らなかったが、楽しめた。
チームでは出走した4名全員が集団完走。

総合22位 (完走33名)

いつものPのレースとは違い集団にいる分には余裕で、
せっかく動けるレベルのレースなのに、
前で展開しないと参加してないのと同じだね。
目的意識なく漫然と走ってしまった。。

反省点も多いが、
初参加の木祖村ステージレースは、やはり楽しかった。
| k | レース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
伊吹山HC
今年は、先頭から10分遅れるとFAD処理ということで、

昨年のリザルトを見てみると・・

51分弱かかっていて、先頭から10分半ぐらい遅れていたらしい。。

これは、10分タイマーとか言って激ダレしている場合ではない。。

ということで、今の実力で無難に登ることを心掛けた。

集団からは数分で遅れ、

数人のパックで走るも、

中盤過ぎでそのパックからもジワジワ遅れる。

やはり、ヒルクライムで酸素が足りずに力が入らない感じが苦手である。

その後はチョイダレくらいには何とかまとめてゴール。

47分43秒 69位

去年に比べればだいぶまし。

さらに今年はここから上げていけるイメージと環境がある。

さあ、群馬に向けてガツンと踏める身体にしよう。
| k | レース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昨日のチャレンジロード
展開的には特にガツンと上がることは無く、

そこそこのペースで徐々に脚と人数が削られていく。

地脚がなく5周くらいで千切れた。

その後は20番手くらい?のところで、数人で走っていて、

8周目で天気が荒れてストップ。

レースキャンセル(ノーゲーム)。またチャレンジが。


もう少し速く走れないと楽しくないと思う。
| k | レース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |